多分不確かな宮城のママ活

今まではいい雰囲気が感じられたので、「別れ」ではない方向に考えていたのだと理解できたはずです。

前回は私が言ったことだけをお話ししたので、彼の考えに耳を傾けます。

 

https://www.nikukai.jp/miyagi-mamakatsu/

 

言うまでもありませんが、宮城のママ活「お別れの話が出てから数日は大変でした。またそんな気持ちになるのではないかと思いました」。 「そんな気持ちだったら、全部捨てて家を出たかった」不確かな仕事をしているので苦労していることも知っています。 「でも、そのままでも大丈夫だ」と彼は言った。

彼は「私は他の誰も好きではない」と言ったので、私は彼に質問をしました。

私は「あなたは私が好きだと思いますか?」と言いました。

彼は「うん」宮城のママ活

愛してます?”

彼は「はっきりとは言えない」と言った。 「私は尊敬し、大切にしています。」 「離婚と子供の頃の経験のせいだと思いますが、誰も好きではありません。」

付き合っていた時、離婚と家族環境の辛い話を聞いた。

彼は自分を表現するのが苦手ですが、彼が受けた傷はかなりのものだったと想像できます。

ロマンスとしては好きとは言えないが、そのままの宮城のママ活関係を保ちたいという側からのわがままな話です。

しかし、私が必要だという彼の気持ちは伝わってきます。

多分彼は本当にアネボの美容スタッフお姉さん

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です