宮城の出会い掲示板は人生や何かにおいて重要です

「先読み」は人生や何かにおいて重要ですか?

タカヒロヾ(* ‘-‘ *)マタン♪

PS
昨日の日記のように少し書きました。
(^ o ^;)
興奮と興奮の渦の中で宮城の出会い掲示板のファンを魅了した二輪ロードレースの世界
日本人ライダー加藤大治郎
確かに世界最高の舞台で活躍していると見られながら

宮城の出会い掲示板
26歳の若さで出発した天才の道をたどる

加藤大治郎(1976年7月4日〜2003年4月20日、26歳)
3歳の誕生日に両親からポケットバイクをプレゼント
彼は5歳で最初にポケバイでレースをしました
彼は11歳のときに一連のミニバイクレースで優勝しました
1992年16歳のオートバイ免許とロードレース免許

九州選手権3クラス(GP250、GP125、SP250)全レース参加全3クラス優勝チャンピオン

1994年第2クラスの特別プロモーション国際Aクラスライセンスを取得
1995年には前年の成功に続き、HRCのワークスマシンホンダNSR250(ロストモデル)で2勝を挙げ、5位にランクイン。 1996年、4勝ランキング2位ロードレース世界選手権日本GP(鈴鹿)スポット参加3位
1997年ホンダワークスカストロールホンダ入社
1993GP250が初の全日本チャンピオンを獲得

宮城の出会い掲示板のグレシーニレーシングに入社
GPライダーロードレース世界選手権GP250クラス第3戦日本GP(鈴鹿)シーズン初優勝[
今年最も多くの勝利を収めたGP250クラスの11勝チャンピオン
翌年、文部科学省は「スポーツ功労賞」を授与しました。

2002最高クラスへのステップアップ
宮城の出会い掲示板
2st500ccマシンに加えて、4st990ccマシンも参加できるようになりました。
ホンダの4台目のマシンのほとんどは大次郎に乗る
チェコGPで突然2位にランクイン

パシフィックグランプリでのポールポジション
最初のMotoGPクラスでの勝利が期待されていましたが、シーズンは引退することができずに終了しました。

小さな大次郎は大きくて

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です